自分の性格に合った職場を見極めてください。

就職先を選ぶ際に必要なことは何だと思いますか?

実習で様々な科に行き、学びを得ていると思います。
そこで、自分の性格に合った科や病院を選択し就職先を選ぶと良いと考えます。
テキパキと仕事がこなせるという方は急性期病棟。
じっくりと患者さんと向き合い、根気よく看護を提供したいと思う方は慢性期や、終末期病棟などです。
自分がこういう病棟で、こんな看護を行いたいという強い気持ちを持ちながら実習に取り組むことで、
就職活動でのアピールにも繋がり、自分の将来のビジョンが明確になると思います。

他に気をつける点はありますか?

母体が公的な病院や以前公的な病院だと、就業規則の確立がきちんと行われている場合が多いため、
就業時間や休憩時間、有給などの制度もきちんと就業者の権利として就職先に意見を述べることができます。
しかし、対応が柔軟ではないことや、何か実施する際も提出する書類が多いなども挙げられます。
その為、患者さんと関わる以外の時間も多く割かないといけない場合もありました。
個人経営の病院を選んだ場合ですが、大きな病院や様々な事業を行っている母体であっても、
経営によりボーナスが減ること、就業者が辞めてしまい人手が足りないからなどの理由により有給が取れない、
週休二日も休めないなど、就職時と実際の規則が異なる場合がありますので注意が必要です。
良い点は、日勤だけなど時間が決まっていることが多いため働きやすいことです。
そして、残業が少なくプライベートとの線引きがしやすいなどです。
病院選びによって、自分の働きやすさやプライベートの時間の確保が変わってくるため、
気になる病院がある場合には、自分から病院見学を申し出るなどしっかり見極めることが必要だと思います。