働きたい職場を見学することが大切だと思います。

働きたい病院を選ぶ際に重要だと思う点は何ですか?

求人情報を見るとともに、まずは自分でその病院に足を運んでみることです。
そして、現場で働いている看護師さんたちの患者さんへの接し方を観察してみてください。

何故、現場を見たほうが良いのですか?

マナー教育の行き届いている病院はやはり働きやすいと思います。
患者さんに対して、イライラした様子を見せないことや、早口で話さないことなどです。
どんなに忙しくても、いつも笑顔で患者さんに接することが出来る。
そんな看護師さんたちの中で働く方が、自分も気持ち良く勤務することが出来ると思うからです。
そして、是非スタッフ間で会話している様子もこっそり聞いてみてください。
あなたもそこに加わって一緒に会話をしたいと思えるでしょうか?
何故なら看護師の仕事は、スタッフ同士で協力し合わなければならない場面が多いです。
スタッフ同士の人間関係の問題で、緊急の場面でも恐縮してしまい他のスタッフに声をかけられず、
自分一人で対応しようとして、大きなミスに至ってしまった同僚を知っています。
一緒に働いてみないと分からないことも多いですが、その病院を訪れるだけでもスタッフの雰囲気を感じ取ることは出来ると思います。

他にチェックして欲しいと思うことはありますか?

退職率や有給休暇の日数ではなく消化率です。
その理由は、有給の日数は多くても、ほとんど使わせてもらえない病院が多いからです。
退職率が低い病院は、継続して働きやすいということになります。
そして月の平均夜勤日数も重要です。
看護職で一番気をつけなければいけないのは、夜勤をすることによる生活習慣の乱れによる体調不良です。
極度に不規則な生活は、精神状態の悪化にもつながります。
そのため、月の平均夜勤率は少ない方がよいです。